スマートロックは停電時も利用可能なのか

ニュース&コラム
この記事は約4分で読めます。

スマートロックの導入を検討すると、停電時の利用可否が気になるはずです。オフィスから締め出される、あるいはオフィスに閉じ込められるのは避けたいと考える方が多いでしょう。このページでは、停電時の利用可否と緊急時の対応について解説しています。万が一に備えておきたい方は、参考にしてください。

スマートロックは停電時でも利用可能?

結論から述べると、停電時の利用可否はスマートロックにより異なります。つまり、利用できるものと利用できないものに分かれるのです。どのようなスマートロックであれば利用できるのでしょうか。

電池式のスマートロックは利用できる

電池式のスマートロックは、万が一停電が起きても影響を受けません。

そのため、停電下でも基本的には利用できると考えてよいでしょう。

電源接続式は利用できない

ビルなどの電源に接続するスマートロックは、停電が起きると基本的に利用できません。

設置時に配線工事を必要とするスマートロックは、停電が起きると利用できないと考える方がよいでしょう。

ハブを使って通信するものは利用できない。本体記憶だと利用できる

ハブなどを利用したスマートロックは、停電が起きるとハブを経由した利用はできません。

スマホアプリ解錠で本体と直接通信する場合は利用できます。また暗証番号やカードなどで、情報が本体に記憶されているものは利用ができます。

停電でスマートロックが作動しない場合の対応

以上の通り、電源接続式のスマートロックは、停電が起きると利用できない可能性が高くなります。利用できない場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。

ドアは停電前の状態が保たれる

停電が起きると、スマートロックを設置しているドアは、停電前の状態が保たれます。つまり、解錠しているドアは解錠、施錠しているドアは施錠が続くのです。

物理キーで解錠・施錠できる

施錠している状態が続くと、部屋に閉じ込められる恐れ、部屋から締め出される恐れがあります。心配になりますが、物理キーで解錠・施錠は行えます。その場合、部屋に閉じ込められることなどはありません。

停電に備えて準備しておく

停電時に利用できないスマートロックを設置する場合は、万が一に備えて準備しておくことが重要です。物理キーを差し込むシリンダーは外から見えないことが多いので、停電が起きる前に場所を確認しておきましょう。物理キーを取り出せる場所にしまっておく必要もあります。

停電などの緊急時にも強いスマートロックシステム

停電が心配な場合は、電池式スマートロックを選ぶとよいでしょう。参考に、おすすめのスマートロックを紹介します。

RemoteLOCK 5i

工事取り付け型の電池式スマートロックです。テンキー式なので、解錠・施錠に物理キーやスマートフォンを必要としません。暗証番号は、複数設定が可能。Wi-Fiに接続して、クラウド管理システムから変更・追加・削除することもできます。暗証番号は本体記憶です。

RemoteLOCK 8j

おしゃれなタッチパネルが特徴のテンキー、電池式スマートロックです。入退室管理などをクラウド上で行える点が魅力。ドアの穴あけを必要としないため、賃貸物件でも安心して設置できます。バッテリーは、単三リチウム電池×4本となっていますが、電池切れのときは9Vの角型乾電池を使って外部充電を行えます。

電池式スマートロックは停電時も利用できる

スマートロックは、大きく分けて電池式か電源接続式になります。停電時も普段通り利用できるのは、電池式のスマートロックです。電源接続式を選ぶ場合は、シリンダーの場所を確認しておく、物理キーを取り出せるようにしておくなどの準備が必要になります。これらが面倒な方は、電池式のスマートロックを選ぶとよいでしょう。

もしスマートロックをオフィスに付けたい場合は、入退室管理などをクラウド上で簡単に行えるRemoteLOCK 5 iなどがおすすめです。

今回紹介した製品|  RemoteLOCK

タイトルとURLをコピーしました