オフィス向きはどちら?スマートロックと出入管理システムの違い

ニュース&コラム
この記事は約2分で読めます。

オフィス向けスマートロックと出入管理システムの違いがわからず悩んでいませんか。商品販売サイトなどでも違いを明確に説明しているケースは少ないので、混乱してしまいますよね。お困りの方のために、これらの違いを解説するとともにそれぞれが向いているケースを紹介いたします。以下の情報を参考にすれば、オフィスに適している製品を選べるはずです。導入を検討している方は、参考にしてください。

スマートロックと入室管理の違いとは

スマートロックと出入管理システムの特徴と違いは以下の通りです。

スマートロックの特徴

スマートロックは、スマホアプリなどを使ってドアの解錠・施錠を行える機器またはシステムです。オフィスに導入するメリットとデメリットは以下の通りです。

スマートロックのメリット

  • 鍵の管理が簡単にな
  • オートロック機能で締め忘れを防げる

スマートロックのデメリット

  • 単体では入退室を記録できない
  • 物理鍵とは異なるトラブルが起きる

あくまでも鍵なので、単体で細かな入退室管理は行えません。

出入管理システムの特徴

出入管理システムは、何かしらの認証システムで部外者の進入を防ぐとともに、部屋への人の出入を記録するシステムです。オフィス向けのスマートロックの多くは、スマートロックと出入管理システムがセットになっています。メリット・デメリットは以下の通りです。

出入管理システムのメリット

  • 勤怠の管理を行える
  • 部外者の進入を防げる

出入監視システムのデメリット

・初期費用や月額利用料がかかる

それぞれの導入が適しているケース

以上の違いたあるため、スマートロックは鍵の管理にコストをかけたくないオフィス、出入管理システムは人の出入を管理したいオフィスなどに向いています。

オフィスに導入するスマートロックは違いを理解して選ぶ

スマートロックと出入管理システムの違いを解説しました。オフィスへ導入するときは、違いを理解したうえで目的に合わせて選ぶことが重要です。ドアを開閉できればよい場合はスマートロック、人の出入まで管理したい場合は出入管理システムを選ぶとよいでしょう。

スマートロックの製品で他にどんなものがあるのかを知りたい方はこちら

スマートロックを比較し、おすすめの製品を紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました