スマートロック製品紹介:Ninja Lock(ニンジャロック)

スマートロック製品紹介
この記事は約3分で読めます。

Ninja Lock(ニンジャロック)の紹介です。 

Ninja Lock(ニンジャロック)とは

株式会社ライナフが提供する後付けタイプのスマートロックです。
スマホアプリのスマートロックですが、オプションでテンキー(暗証番号)、カードでも出入りができます。
不動産テックベンチャー系のベンチャーで、不動産内覧に力を入れる製品です。

提供開始時期2015年
電源・バッテリー単三電池 4本(本体)。別売キーパッドは単三電池2本。
設置両面テープによる簡単取付。
(カギの機構はなし)
通信方式Bluetooth
使い方アプリによる施錠、開錠。キーパッド購入で、テンキー+カード。
価格、販売モデル本体41,800円/台。キーパッド 19,800円/台。
管理システムでスマート内覧は要お問い合わせ。

メーカーコンセプト
生活を豊かにするスマートロック。
スマートフォンで操作できる、新しい鍵。今のドアの鍵の上から、そのままとりつけることができます。
もう、鍵はいりません。

キャッチコピーは同時期に発売されたQrioという家庭向け製品と似ていますが、
特徴はテンキーなどで一時訪問者がアプリインストールがいらない等の賃貸物件管理を
にらんだ機能になっています。

Ninja Lockの使い方について

開け閉めの方法

初回

Ninja Lockは、スマホアプリでカギの開け閉めがでます。まずapp storeやGoogle Playからアプリをインストールして、購入したNinja Lockをスマホに登録します(オーナー登録)。
登録が完了していると、ドア(Qrio)の前でアプリを起動し、施錠/解錠ボタンを押すと鍵がシュインと動きます。

招待の方法

  1. 家族や友人、設置した施設の利用者を招待は、Ninja Lockのアプリから招待をするとURLリンクが飛びます。
  2. 招待を受け取った知人は、リンク先でアプリをインストールします。

合鍵を受け取ると、招待された人はNinja Lockのアプリを起動してワンタッチで施錠、開錠ができます。

2回目以降

ドアの前でアプリを起動して、アプリのボタンをタッチすると施錠、開錠が切り替わります。
Bluetoothなので環境により異なりますが、ドア前か数mくらいの距離の範囲内であれば操作ができます。

導入や設置方法

後付けタイプのため、現在のシリンダーキーに適合すれば工事不要で両面テープのみですぐに設置が可能です。設置できるかは公式HPで確認してください。
( 両面テープの後付けタイプは、設置した時にドアが汚れていたり、金属ドアで結露が激しかったりすると、滑落や動作不良の原因となる場合があります。設置の際は、ドアを綺麗にしてから2度貼りしないように気をつけましょう。)

amazonで販売されています。

Ninja Lockの機能

カギを、スマートフォンアプリから開錠、施錠できるようになります。
開け閉めには2つタイプがあり、「オーナー」 「ゲスト」です。ゲストは期限を設定できます。

アプリでの開錠でない使い方としてNinja Lockは、テンキーを採用しています。
キーパッドのオプション:
両面テープで貼り付ける指定のテンキーで開けることができます。
 

おすすめの使い方

「生活を豊かにするスマートロック 」と銘打ちですが、
機能や製品特性はどちらかというと不動産内覧向けの製品です。
まさしく不動産内覧用途での検討にマッチする製品です。

比較されるスマートロック製品

ビジネスユーザーの利用検討で、同じくテンキーが使えるスマートロック製品で
リンキーやRemoteLOCKといった製品と比較されます。

比較される製品: LINKEY RemoteLOCK

タイトルとURLをコピーしました