オフィス向けスマートロックのメリット・デメリットと選び方を解説

ニュース&コラム
この記事は約3分で読めます。

さまざまなオフィスが導入を始めているスマートロック。具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。このページでは、スマートロックの概要を解説するとともにオフィスに導入するメリット、スマートロックの選び方を説明しています。以下の情報を参考にすれば、スマートロックの必要性と選び方がわかるはずです。

オフィス向けスマートロックとは何か?

スマートロックとは、遠隔から管理できる通信機能を有した鍵のことです。スマートフォンなどを使って、解錠・施錠できる鍵をイメージするとわかりやすいかもしれません。
オフィス向けスマートロックとは、オフィス向けに開発されたスマートロックです。家庭向けスマートロックとの違いは、オフィスで使用されることを想定した機能が搭載されていることです。

オフィス向けスマートロックの導入には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

オフィスにスマートロックを導入するメリット

オフィス向けスマートロックを導入する主なメリットとして以下の点が挙げられます。

勤怠を記録できる

スマートロックを導入することで、各スタッフの入退室を確認できるようになります。これにより、勤怠の記録を行うことも可能です。入退室管理システムは非常に高価であるため、この点は大きなメリットになりえます。

オフィスのセキュリティを高められる

スマートロックでは、シェアした鍵1本ずつに権限を付与できます。つまり、どの鍵でどこの部屋に入退室できるか決められるのです。もちろん、各ドアの施錠状況や開閉履歴も遠隔からチェックできます。スマートロックを導入することで、オフィスのセキュリティを高められます。

鍵の管理が楽になる

従来型の鍵は、オフィスの扉を開閉するためスタッフ間で鍵やカードの受け渡しが必要です。しかし、スマートロックであればアプリなどで鍵をシェアできるため、鍵の受け渡しを必要としません。鍵に有効期限を定めて、来客に鍵をシェアすることも可能です。オフィスにスマートロックを導入することで、鍵の管理が楽になります。

勤怠との連動

スマートロックでは、勤怠管理に使えるものもあります。入室や退出の時間を勤怠管理に活用することができます。

オフィス向けスマートロックの選び方

最後に、オフィス向けスマートロックの選び方を解説します。

複数人での利用ができる

家庭向けの製品は、自宅向けに個人が楽しむために作られています。一方で、オフィス向けのスマートロックは、入室する人やそれを管理する人が複数人でも大丈夫なようにできています。まず製品が家庭向けか、オフィス利用できるようになっているか確認しましょう。

設置方法

次に確認したいのが、オフィス向けスマートロックの設置方法です。設置方法は、工事をほとんど必要としないものと工事を必要とするものに分かれます。自社のオフィスの環境に合っているものを選びましょう。

使いやすさ

オフィスで使用する場合、各スタッフに権限を設定するなどの作業が必要です。したがって、使いやすさもスマートロックを選ぶうえで重要なポイントになります。既存の従業員データをインポートできるものが便利かもしれません。

オフィス向けスマートロックで働く環境を改善

オフィス向けスマートロックは、オフィス向けに開発された機能を有するスマートロックです。オフィスのセキュリティを高められる、鍵の管理や勤怠記録が楽になるなどのメリットがあります。
スマートロックの活用メリットとして注目したいのが、従来型の入退室管理システムは高価なので、オフィスにスマートロックを導入する費用面のメリットはとても大きいといえるでしょう。。

以上を参考に、オフィスの働きやすさを改善してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました