賃貸物件に設置可能なおすすめのスマートロック

ニュース&コラム
この記事は約2分で読めます。

賃貸物件に設置できるスマートロックをお探しではありませんか。賃貸物件に設置する場合、原状回復義務に注意が必要です。原状回復できないスマートロックを設置してしまうと、退去するときに高額な費用を請求される恐れがあります。このページでは、退去時に原状回復できるスマートロックを紹介しています。賃貸物件に安心して設置できるスマートロックをお探しの方は、確認しておきましょう。

賃貸物件でも使えるスマートロックをチェック

賃貸物件でも問題なく設置できるスマートロックは以下の通りです。

穴あけ施工不要のRemoteLOCK8j

最初におすすめしたいのが、構造計画研究所が扱っているRemoteLOCK8jです。同製品の特徴は、ドアに穴を開ける必要がない既存のシリンダー外し施工に対応していること。ドアを傷つけないので、賃貸物件であっても問題なく設置できます。工事でしっかりと固定するため、落下などの心配がない点も魅力です。

解錠は、ICカードとPINコードに対応しています。頻繁に出入りするスタッフはICカード、たまに出入りする外部業者はPINコードといった運用が可能です。PINコードはスマートフォンやPCから簡単に発行できます。クラウド上で、アクセス権の管理や出入履歴の確認を行うこともできます。充実した機能を搭載しているため、賃貸物件に入居しているオフィスなどにおすすめです。

扉に貼り付けるだけのセサミ

キャンディハウスが扱っているセサミも賃貸物件におすすめです。跡になりづらい両面テープで貼り付けるだけなので、賃貸物件であっても安心して設置できます。

解錠方法は、スマートフォンなどにダウンロードしたアプリ。画面操作とスマホのノックで解錠できます。自動解錠機能を設定すれば、ドアに近づくだけで解錠することも可能です。鍵のシェア、鍵の履歴もアプリ上で行います。遠隔操作には、別売りのWi-Fiアクセスポイントが必要です。機能面から小規模なオフィスや一般住宅に向いているスマートロックといえるでしょう。

賃貸物件にスマートロックを設置するときは原状回復義務に注意

賃貸物件におすすめのスマートロックを紹介しました。いずれも原状回復が可能なので、賃貸物件に安心して設置できます。オフィスに設置したい場合はRemoteLOCK8j、一般住宅に設置したい場合はセサミを選んでみてはいかがでしょうか。

スマートロックの製品でどんなものがあるのかを知りたい方はこちら

スマートロックを比較し、おすすめの製品を紹介しています

タイトルとURLをコピーしました