エントランスと部屋のスマートロック・オートロックについて

ニュース&コラム
この記事は約3分で読めます。

マンションの一室を法人用途として使用するときに気になるのが、オートロックされたエントランスの解錠方法です。このページでは、エントランスのオートロックを外から解錠する方法と、自室玄関のセキュリティを高めるスマートロックについて解説しています。安心・安全に仕事をしたい方は、参考にしてください。

マンションの玄関のオートロックを解錠する方法はある?

オートロックされたマンションのエントランスは、以下の方法で外から解錠できます。

暗証番号や専用の鍵で解錠

基本的には、エントランスで暗証番号や専用の鍵を使用して解錠します。最近では、物理キーなしで解錠できる暗証番号式のオートロックが増えており、エントランスの暗証番号と、各部屋のスマートロックが連動しているものもあります。

鍵なしでエントランスを解錠することも可能

各部屋の中に設置された解錠ボタンを外から操作できれば、専用の鍵なしでオートロックのエントランスを解錠することもできます。さまざまなスイッチを物理的に押してくれるSwitchBotとスマホをWi-FiでつないでくれるSwitchLINKというデバイスを用いれば実現可能です。具体的な流れは以下の通りです。

1.自室のインターホンを押す
2.スマホでSwitchBotを操作する
3.SwitchBotが解錠ボタンを押す
4.エントランスのドアが開く

以上の方法でも、オートロックされたマンションのエントランスを外から解錠することはできます。

スマートロックでマンションの一室をオートロック化

マンションの一室を法人利用する場合、自宅と異なり、セキュリティや社員等の入退室にも注意が必要です。建物のエントランスにオートロックがあるマンションにも不審者が侵入することはあります。心配な方は、自室の玄関にスマートロックを設置するとよいでしょう。スマートロックのメリットは以下の通りです。

玄関がオートロックになる

スマートロックの中には、オートロック式のものがあります。自動でロックがかかるので、自室のセキュリティを大幅に高められます。

ドアの解錠履歴を確認できる

スマートロックにすることで、ドアの開閉履歴を確認できるようになります。だれがいつ出入りしたかわかるうえ、施錠状況も確認できるため安心です。

オートロック機能の付いたおすすめのスマートロック

自室玄関のセキュリティを高めてくれるオートロック機能付きスマートロックを紹介します。

RemoteLOCK 8j

既存のシリンダーを外して施工するため、ドアの穴あけが不要なスマートロックです。原状回復が必要なマンションでも安心して設置できます。認証はテンキーで行うため、スマホやアプリは不要です。メールや電話で暗証番号を伝えるだけで、来客などに鍵をシェアできます。ドアの開閉をセンサーが検知してオートロックをかけてくれるため、締め忘れを心配する必要はありません。

Qrio Smart Lock

両面テープで貼り付ける後付タイプのスマートロックです。スマートフォンで解錠・施錠を操作できるほか、ドアに近づくだけで解錠することもできます。専用のアプリで、一時的に使用できる合い鍵を来客に発行できる点も魅力です。もちろん、オートロックにも対応しています。

仕事用のマンションはオートロック・スマートロックを活用

マンションの一室を仕事で使用するときは、エントランスのオートロックに注意しましょう。専用の鍵を忘れると締め出される可能性があるからです。その場合、デバイスで外部から解錠できるようにしておくと便利です。
また、エントランスがオートロックのマンションでも、セキュリティは万全ではありません。セキュリティを高めたい方は、自室の玄関にオートロック式のスマートロックを設置するとよいでしょう。
テンキーで認証を行う「RemoteLOCK 8j」やドアに近づくだけで解錠できる「Qrio Smart Lock」がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました