オフィスの玄関はスマートロックでしっかりセキュリティ対策

ニュース&コラム
この記事は約4分で読めます。

機密情報の有無にかかわらず、オフィスのセキュリティを高めておくことは重要です。手軽にセキュリティを高める方法として、スマートロックが挙げられます。ここでは、オフィスの玄関にスマートロックを設置するメリットとスマートロックを導入する手順を紹介します。オフィスのセキュリティが気になる方は、参考にしてください。

会社玄関にスマートロックを導入するメリット

スマートフォンなどの電子機器を使った開錠や通信して制御できる鍵をスマートロックといいます。オフィスの玄関にスマートロックを設置するメリットは以下の通りです。

オフィスのセキュリティを高められる

スマートロックでは、ひとつずつの鍵に権限を付与できます。これにより、誰がどの部屋にはいれるかなどを決められます。また、解錠・施錠の履歴を確かめること、オートロックにより鍵のかけ忘れを防ぐこともできます。そのため、スマートロックを設置することで、オフィスのセキュリティは高まります。

勤怠管理を行える

オフィスの玄関にスマートロックを導入すれば、誰が、いつ、どこへ、入退室したかがわかります。これにより、勤怠管理を行えるようになります。

鍵の管理が楽になる

スマートロックでは、鍵に有効期限を設けたり、スマートフォン上で鍵をシェアすることができます。鍵の受け渡しを行う必要がなくなるので、鍵の管理が楽になります。もちろん、鍵の複製や紛失のリスクも減ります。

スマートロックの導入手順

スマートロックの導入手順は商品で異なります。基本的な導入手順は以下の通りです。

ステップ1:取り付け可否をチェック

既存のドアに、導入したいスマートロックを取り付けられることを確かめます。

ステップ2:スマートロックを購入

オンラインショップなどで、スマートロック本体を購入します。取付工事をセットで行っている業者から購入することも可能です。

ステップ3:スマートロックの取り付け

スマートロックの取付工事を行います。工事内容は、スマートロックで異なります。

ステップ4:管理システムの契約

必要に応じて、管理システムと契約します。これにより、遠隔からのアクセスコントロールなどが可能になります。

会社玄関におすすめのスマートロックをご紹介

続いて、オフィスの玄関におすすめしたいスマートロックを紹介します。

remotelock-8j

スマートフォンなどを必要としないテンキー式(ICカード解錠にも対応)のスマートロックです。暗証番号は、パソコンやスマートフォンを使って発行できます。解錠・施錠の履歴がすべて記録されるほか、アクセス権、アクセス時間などを自由にコントロールできるため、オフィスの玄関に最適です。取り付けにドアの穴あけを必要としない点も見逃せません。原状回復が必要な建物であっても安心して取り付けられます。

Akerun

法人向けスマートロック比較おすすめ3選:akerun

既存のドアに両面テープで貼り付けるタイプのスマートロックです。スマートフォンや社員証、ICカードを使って開錠・施錠が可能になります。電池切れのときは、本体のボタンを回して解錠・施錠を行えます。もちろん、鍵への権限付与、入退室履歴の管理、遠隔地からの解錠・施錠なども可能です。

オフィスのセキュリティは玄関にスマートロックを設置すれば高められる

スマートフォンなどを使って解錠・施錠を行える鍵をスマートロックといいます。オフィスの玄関に設置することで、セキュリティを高めることや勤怠管理を行うことなどができます。簡単に取り付けられる商品が多いので、オフィスのセキュリティを高めたい場合におすすめです。ただし、商品により特徴は異なります。また玄関以外のドア、個人情報を扱う部屋や、離れた事務所なども管理したい場合も、これらのスマートロック 製品では複数のドアをまとめて管理できます。オフィスに設置する場合は、管理機能が優れているremotelock-8jやAkerunなどを選ぶようにしましょう。

今回紹介した製品|  RemoteLOCK Akerun
タイトルとURLをコピーしました