民泊経営者に心からおすすめしたいスマートロック5製品

ニュース&コラム
この記事は約3分で読めます。

物理キーを必要としないスマートロックには、鍵の受け渡しが不要になる、鍵を紛失するリスクがなくなるなどのメリットがあります。スマートロックは、民泊と相性の良い設備といえるでしょう。ただし、すべての製品が民泊に向いているわけではありません。このページでは、民泊に向いているスマートロックを紹介しています。民泊への設置を検討している方は、参考にしてください。

民泊向けのおすすめスマートロック

民泊に向いているスマートロックとして、以下の製品が挙げられます。

誰でも簡単に解錠できるRemoteLOCK

最初におすすめしたいのが、アメリカの別荘レンタルを想定して開発されたRemoteLOCKです。

RemoteLOCKの特徴は、PINコードで解錠できること。物理キーはもちろん、スマートフォンも不要なので、利用者を選びません。例えば、通信環境がない外国人旅行者であっても問題なく解錠できます。また、メールなどで解錠に必要なPINコードを送信できるため、鍵の受け渡しも不要になります。

クラウド上でさまざまな操作を行える点も魅力です。わざわざ宿泊施設に行かなくても、入退室履歴を確認することや鍵の有効期限を設定することなどができます。

Airbnbと連携できる唯一のスマートロックである点も見逃せません。Airbnbで予約を受けてから、PINコードの自動発行などが可能です。民泊に最適なスマートロックといえるでしょう。

民泊業務を効率化できるKEYVOX

民泊にはKEYVOXも適しています。KEYVOXの解錠方法は、PINコードとICカード、アプリ、物理キーの4種類です。KEYVOXもPINコードに対応しているため、幅広い旅行者が解錠できます。

もうひとつの特徴は、別契約を結ぶことによりアプリ上で予約業務、決済業務、部屋の在庫管理、入室履歴管理などを行えるようになること。民泊運営の負担を減らしたい方におすすめです。

Qrio

「Qrio」を民泊におすすめする理由は、設置が簡単であることです。スマートロックは両面テープでドアに設置するだけで良いので、鍵を設置するために穴あけ工事をしたり、鍵を交換したりする必要がなく、民泊でも手軽に導入できます。

スマートフォンをポケットの中に入れていれば近づくだけで解錠され、ドアが締まったことが検知されれば自動的に施錠されるので、鍵の締め忘れの心配もなく、設置だけでなく施錠・解錠も簡単です。

DECIMEL

「DECIMEL」はテンキーによる暗証番号入力方式のスマートロック。民泊で別途キーを用意する必要なく、スマートロックを設置するだけで導入できることがメリットです。

導入は短時間で完了し、電気配線などの工事は不要で1時間程度で導入完了。急遽民泊を始めることになった方でもすぐに導入でき、使い始められるテンキー方式のスマートロックです。

KEYVOX

「KEYVOX」は民泊やホテル、時間貸しなどの用途に最適なスマートロック。予約サービスと連携しており、KEYVOXアプリインストールとスマートロックの導入だけ済ませれば、そのまま民泊事業を始めることができます。

宿泊客もKEYVOXアプリを使用し、予約と支払いを済ませたらそのままアプリで解錠できるようになるので、宿泊受付の手間がかからず、手軽に民泊を始めたい方に最適です。

スマートロックを使うメリット

民泊の経営において問題となりやすいのが鍵の管理です。スマートロックは紛失のリスクをなくしたり、遠隔からチェックインの確認をできたりします。

民泊だからこそのメリットを、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

民泊でスマートロックを使うメリット

民泊の運営はスマートロックで変わる

この記事では、民泊の運営に向いているスマートロック2製品を紹介しました。いずれも予約業務などにも対応しているため、設置すれば業務効率を改善できるはずです。興味のある方は、設置を検討してみてはいかがでしょうか。

スマートロックの製品で他にどんなものがあるのかを知りたい方はこちら

スマートロックを比較し、おすすめの製品を紹介しています

タイトルとURLをコピーしました