レンタルスペースに最適なスマートロック3選

ニュース&コラム
この記事は約3分で読めます。

「レンタルスペースを運営していると鍵の管理が大変」と感じていませんか。お客様との鍵の受け渡しに時間を取られるので、他の業務を思うようにすすめられないことがあるはずです。このような悩みを抱えている方は、スマートロックを導入するとよいかもしれません。

スマートロックは、スマホやテンキーなどで解錠・施錠できる機器またはシステムです。物理的な鍵のやり取りが不要になるため、レンタルスペースの業務効率を改善できる可能性があります。また、鍵に権限や有効期限を設定できるため、安全性も高まります。レンタルスペースに最適なスマートロックを紹介するので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

レンタスペース向けのおすすめスマートロック

レンタルスペースに最適なスマートロックとして以下の製品が挙げられます。

バランスの良いスマートロック「RemoteLOCK 8j」

レンタルスペースに最適なスマートロックとして、真っ先に挙げられるのがRemoteLOCK 8jです。RemoteLOCK 8jの特徴は、テンキーとICカードによる解錠・施錠に対応していること。

テンキーで解錠・施錠できるため、不特定多数の方が出入りするレンタルスペースに最適です。ドアの開閉に使用する暗証番号は、クラウド上で発行・削除ができます。

したがって、鍵の受け渡しのために、スタッフが常駐する必要はありません。予約サービスとの連携により、鍵の発行と受け渡しを自動化できる点も魅力です。

取り付けは、「穴あけ不要の既存シリンダー外し施工」「穴あけ不要の物理鍵残し施工」「穴あけ必要の物理鍵残し従来施工」などに対応しています。穴あけ不要の工事に対応しているため、原状回復が必要な賃貸物件であっても設置できます。レンタルスペースに向いているスマートロックといえるでしょう。

アプリでレンタルスペースを運営できるKEYVOX

レンタルスペースにおすすめのスマートロックとしてKEYVOXも挙げられます。KEYVOXは、暗証番号・ICカード・アプリ・物理鍵による解錠・施錠に対応しているスマートロックです。

大きな特徴といえるのが、別契約を結べばアプリひとつで部屋の在庫管理から予約、鍵の受け渡し、チェックイン、支払まで行えるようになることです。

ユーザー側も、利用に必要な手続きをアプリ上で完結できるようになります。

設置は専門の業者による工事が必要です。しかし、穴あけ不要なので、原状回復義務がある建物でも問題なく設置できます。KEYVOXもレンタルスペースにおすすめしたいスマートロックです。

簡単に取り付けられるNinjaLock

取り付けの手間をできるだけ省きたいのであれば、NinjaLockを検討するとよいかもしれません。両面テープでドアに貼り付けるだけなので、誰でも簡単に設置できます。当然ながら、原状回復も可能です。

解錠・施錠方法は、スマホにダウンロードしたアプリで行います。また、別売りのキーパッドを利用すれば、暗証番号やNFCカードでも解錠・施錠が可能になります。鍵をユーザーにシェアすることはもちろん、鍵の開閉履歴を確認することや時間帯を設定して自動で鍵を開閉することなどもできます。手軽さを重視したい場合は、候補に加えるとよいでしょう。

スマートロックのデメリット

レンタルスペースに有効なスマートロックですが、電池切れのリスクや、割高なコストといったデメリットもあります。

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

スマートロックの5つのデメリットを購入の前にチェック

スマートロックでレンタルスペースの業務効率を改善

この記事では、レンタルスペースにおすすめのスマートロックを紹介しました。製品により機能は異なりますが、いずれも物理的な鍵の受け渡しが不要になるため、レンタルスペースの業務効率を改善できる可能性があります。興味のある方は、検討を進めてみてはいかがでしょうか。

スマートロックの製品で他にどんなものがあるのかを知りたい方はこちら

スマートロックを比較し、おすすめの製品を紹介しています

タイトルとURLをコピーしました